Shinsabo

Nagoya

嗜む人を増やす

私たち深緑茶房は、畑からお茶を育てるお茶農家です。
​お茶農家として美味しいお茶をつくるのはもちろんのこと、カフェを通して「嗜む人」を増やしたいと思っています。そのためのお店が「深緑茶房 名古屋店」です。お茶好きが集まる場所。そこは年齢も性別も生まれも何も関係なくて、ただただ共通の好きなものを持っている。お互いに心地よい気づかいをしながら、居心地のよい空間をつくる。
茶の湯には『主客一体』という言葉があります。「その空間はお店側だけでなく、お客様と一緒につくっている」という意味です。私たちはお客様と一緒に、嗜む人が集まるような居心地のよい空間をつくっていきたいと思っています。

Shinsabo Nagoya Cafe

嗜む人を増やしたい

私たちは「嗜む人を増やし、楽しむ人を増やしたい」と思っています。ただお茶を飲む場所ではなく、ただ時間を過ごすだけの場所でもなく。お茶がお好きな皆様に、少しでも楽しい時間を過ごしていただけるように心掛けています。

​「お茶って面白いね!」と言ってもらえること、それは私たちの最高の喜びです。お茶って何かと難しく感じられてしまいがちかもしれません。作法があるような気がしたり、なんとなくちゃんとしないといけないような気がする。

私たち深緑茶房は、何か正解を求めることで楽しむことを忘れてしまうのは、非常に寂しいことだと考えています。

私たちが目指す空間は「新しい発見があって」「小さな学びがあって」「遊びゴコロ」があるような、そんな空間です。お茶の正解をお伝えするつもりはありません。私たちも正解を知らないからです。一緒により良いものをつくっていけたらと思っています。

Company

美味しいお茶を、畑から

私たち深緑茶房は常に「自分たちが最高に美味しいと思えるお茶を追求し続けたい」という思いのもと、畑からお茶づくりを行なっています。毎年、栽培方法を含めた「つくり方」を見直し、その年の最高だと思う方法を実践します。

「土の状態」によってお茶の品質は大きく変わります。私たちのお茶畑がある飯南町のように、自然に恵まれた環境だからといってお茶は勝手に美味しくなってくれるわけではありません。思い描くお茶を育てるために、思い描くお茶を育てるための「土」をつくる必要があります。そのためにしっかりと土の状態を確かめ、必要な要素を必要なタイミングで補います。

 

お茶を栽培する技術、加工する技術、焙煎する技術を最高のものへと磨く事はもちろんですが、あまり表立たない地味な作業も丁寧に行います。畑をこまめに観察に行くこと、機械のメンテナンスや掃除、また収穫前には茶畑に降り注いだ枯れ葉や枝を手で取り除くこと等。1つ1つの仕事を丁寧にすることを心掛けています。

New Try

伊勢茶ティーバッグ
− TASHINAMI −

「ティーバッグは美味しくない」というイメージを覆したくて、本当に品質にこだわったものをつくりました。長く長く余韻が続く、今までになかったティーバッグです。

何か作業をするとき、ホッと一息つくとき、気持ちを切り替えるとき、色んな場面のあなたのそばに美味しい伊勢茶があれば。そう思っています。

急須で淹れる作法も含めて日本茶かもしれません。でも日本茶だからと堅苦しくせず、「ティーバッグを淹れる時には少し背筋が伸びる気がする」それくらいのゆるい作法で、心にゆとりを持って嗜んでいただけると私たちは嬉しく思います。

淹れ方も研究しました。改良を重ねた結果、熱湯30秒で淹れていただけるようになりました。熱湯なのに嫌な渋みが出ない、しっかりとお茶の旨味や甘みを感じることができます。

手軽に、でも、ちゃんとしてる。そんなティーバッグです。

Contact

伊勢茶カフェ  深緑茶房

  • Instagram
  • Facebook
LINE_APP_RGB_20190219 (1).jpg

【住所】愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26-25 メイフィス名駅ビル1階

【営業時間】11:00~19:00(L.O18:30)

【定休日】毎週水曜日

【電話番号】052-551-3366

Adress : 4-26-25,Meieki,Nakamura,Nagoya,Japan,450-0002

Open hour : Sun-Tue,Thu-Sat 11:00AM - 7:00PM(L.o 6:30PM)

Closed : Wed

Tel : 052-551-3366

© 2020 Shinsabo Nagoya